よしだなおきのブログです。一度の人生を楽しく充実した人生を送るためのブログ。家庭、英語、自己啓発、仕事、趣味、健康、コミュニケーションのバランスを取って思う存分人生を楽しみましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あと1歩が届かない人のためのTOEICテスト スコアアップ術

2.セミナについて
(1の前ふりはこちら
さて、6/15に参加した「あと1歩が届かない人のためのTOEICテスト スコアアップ術」
の内容共有します。

■基本情報
 日時:6/15 19:00~20:15 
 場所:丸善 丸の内本店 3F日経セミナールーム 

■概要
 あと1歩が届かない人のためのTOEICスコアアップ術という内容で、
 あと1歩に必要な3つのスキル
 そのスキルをどのように身につけていくか
 について講演いただきました。
  ・必要と感じ興味を持って時間をかけてやる
  ・スコアを上げるために脳内にシステムを作る
  ・PART3/4/7の目的・トピック問題は選択肢を分析し、なぜその選択肢が不正解に
   なるのか?どういう問題の時にどういう選択肢が正解になりやすいのかを
   分析する
  ことがスコアアップへの1つの道ですね。
 
■内容
 ◆導入
  導入では、天気の話題から入り、今日はあついですね
 
  あつくて解けてしまいそうですね
  おー、この流れは…
  と思っていると正解

  とけそうでとけないのが


  TOEIC!!!

  うまい!  ですよねw?

  TOEIC=___問?

  これはみなさんわかりますよね?

  正解は・・・

  拷問!!!

  そっち!!!???

  私はそこまでは感じませんがw
  規定点数を取らないとえらいことになってしまう人
  にとっては拷問かもしれませんね。

  多少緊張されていた感はありましたが、さすがJayさん。
  うまく場とともに自分もリラックスさせていました。

 ◆あと1歩に必要なもの
  さて本題です。

  あと1歩に必要なもの

  それは…

  ①英語スキル
  ②ストーリースキル
  ③テストスキル

 ①英語スキル
  そのままですね。英語のスキルです。
  英語は言葉。
  

 ②ストーリースキル
  話を追っていくスキルですね。サッカーでは中田ヒデさんがこのスキルがとても
  高いとのこと。
  サッカーといえば、オランダ戦。健闘しましたが、1歩及ばずでしたね。
  3戦目に期待。

 ③テストスキル
  今回できたなーという感覚と、実際にとけているかは別物
  確かにそうですね。サクサク解けたなと思っていても点数が伸びていない時
  ありますよね。

  ではどのように上記のスキルを身につけるか?

 ①英語スキル
  英語スキルをあげるための3つの要素
   それは、
   必要 × 興味 × 時間
 
   必要と感じることを興味を持って時間をかけてやれば英語力はつく。
   そしてアウトプットすること。Twitterでまずは単語レベルから
   そして文章へ。

   英語を日常にしてしまう。
   TOEICは非日常⇒疲れる。緊張する。日常にしてしまえば、疲れなくなる。
   緊張しなくなる

   そのために、持っているデバイスを英語にしてしまう、
   興味あるものについて英語の記事を読んでみる。
   日常触れられる英語たとえば電車などに積極的に触れる
    優先席。(Priority seat)
    ご協力お願いします。(Your kindness is greatly appreciated.かな)など。
   TOEICに慣れている方であれば、注意して聞かなくても、読まなくてもよいものでも、
   全部読めるようにしてしまう。
  
  私も今日から実践です。地下鉄、JRでどう違うかとかやってみたら面白いかもしれませんね。
   

 ②ストーリスキル
  脳内にシステムをつくる
   たとえば、スターバックス
   日本と同じシステムなので、海外でも安心して利用できる。
   
   これは、スターバックスのオーダのシステムを理解しているから。

   脳内にシステムがないととても疲れる、システムをつくると、疲れなくなる。
   確かに、私も何回もTOEICを受けているので、何時に会場入りして~
   トイレが混む前にトイレは済ませ。リスニングは説明の部分で先読みしなど
   脳内にシステムができているので、こういったところでは、疲れなくなってますね。

   また、TOEICで利用されるものはパターンがある。オフィスのプリンタの話だと
   ジャムだったり、用紙切れだったり、サポートを呼んだだったり、パターンが
   ありますよね。こういったものを理解して、システムをつくっておく。
   システムをつくるためには、同じタイプの問題を洗い出してひたすらやる。
     
   なるほど。

 ③テストスキル

    設問 本文 選択肢
  A:  ○  ○  ○
  B:  ○  ○  ×
  C:  ○  ×  ×

  読めているのに解けないというBのパターンで落としてしまっている人が多い。
  では、どうすればよいか?  

  PART3/4/7で目的を問う問題は、
   1.ほかの選択肢はなぜ違うのかをチェックする。またはその時間を設ける  
   2.同じような問題を見つけてチェックする。
  そうすることでこういう長文の時は、概要を伝えている。こういう問題の時は
  招待をしているものが正解になりやすいと見えてくる。

  先生に質問してみましたが、こちらもシステムをつくるということ。
  これを実施することで、この手の問題の正答率が格段に上がる。

  この方法で勉強するには、基本は公式問題集

  そうそう、先生もおっしゃっていましたが、基本は公式問題集。
  千本ノックの中村 澄子さんはじめ多くのカリスマ講師の方がも基本は公式問題集!
  とおっしゃってますね。
  
  公式問題集は3000円近くしますので、少々高いですが、変なものを買うリスクへの
  保証料と思ってまずは、公式問題集をきっちりやるのがよさそうですね。
  
  以上でーす。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

吉田 直樹

Author:吉田 直樹
IT系の企業で働く30歳のビジネスパーソンです。
2010年4月に転職しました。
それまでは、SEとして、システム開発
、ソリューションの企画、コンサルサービスの
立ち上げ、若手育成をしていました。
2010年7月からNY支店で働いています。

1度きりの人生ですから、守るべきものは守り
攻めるところは攻めていこうじゃないですか。
夢はつかむもの
いい人生だったなーと思えるような充実した人生しましょうというのが私のモットーです。

RSSリンクの表示
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitterブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。